メイン画像

書いてあることは半分は

求人誌によく「アットホームな会社」や「若手社員中心の会社」と書かれているのを見かけますが、あまり信じないほうが良いでしょう。書いてあることは半分は本当ですが、「アットホーム」と書いてある部分はワンマン社長とその同族が会社を仕切っており、彼らに逆らえない雰囲気があるかもしれないとウラを読むことが必要です。また、「若手社員中心の会社」と書いてあるのは離職率が非常に高く長く勤める社員がほとんどいないため、常に若い社員しかいないということを覚悟したほうが良いでしょう。あとは「誰にでも出来る簡単なお仕事です」と書いてあるのは「誰でも出来る仕事だが、休みがない」、「初心者大歓迎」と書いているのは「すぐに人が辞めてしまうので誰でもいいからコキ使いたい」と解釈すべきです。書かれていることを真に受け、働き始めてからブラック企業の泥沼にはまったと気付くのでは遅すぎます。まだまだ就職難のご時勢ですが、違和感を感じたらすぐに辞表を提出し他の会社を探すべきでしょう。

Copyright© 2015 見抜くことが難しいブラック仕事 All Rights Reserved.