メイン画像

非正規が悪い風習が

ハローワークの求人を見ただけではブラック企業かどうか判断が難しい所があります。求職者からしてみれば、非正規職員が多い会社や、福利厚生が整っていない会社は悪い会社なのではないかと疑ってしまいます。 これは日本の昔からの悪い風習で、正規雇用で初めて入社した会社で定年まで働くという日本的雇用体系が今でもあります。 さらに、非正規職員は一般的に正規雇用職員よりも年収が少ない割に、仕事内容や労働条件はほぼ変わらなかったりします。企業側としては、単純に安い労働力で雇えるからという理由で非正規雇用という枠を設けているだけなのでしょう。 今では労働基準法も厳しくなり、5年以上非正規雇用で勤めていて本人が希望すれば、有期雇用から無期雇用へ変わる事が出来ます。さらに、原則更新時に次の更新が無いことを伝えなければならないので、そうそう容易くクビを切る事は出来ないようになっています。しかし、ブラック企業というものは、こういった就労者を守る法律を見せないようにし、当たり前のように苦労を強いる企業です。入社して1年2年経つ頃に、入社当時に聞いた仕事内容とどれだけ掛け離れているのか考えてみると、多少なりともブラック企業なのかどうか分かる事でしょう。それとブラック企業で多いのが残業代未払いですので、お昼休みに仕事をしていないか、手当の出ない残業をしていないか、一度考えてみると良いでしょう。

Copyright© 2015 見抜くことが難しいブラック仕事 All Rights Reserved.