メイン画像

3Kと呼ばれた仕事の方が

不況の今の時代では企業も余裕がなく、いわゆるブラック企業というのが増えています。 そして、ブラック企業があちこちに存在しているおかげで3Kと呼ばれた仕事の方が実は悪くない仕事だったり、することも少なくありません。 ブラック企業の仕事というのは危険こそ少ないものの、その内容というのは非常にハードなものでそれでいて低賃金であることが問題となっています。 その一方で3Kと呼ばれる職業というのは、きつくて汚くて危険ではありますがそれに見合った収入を手にすることができるため、待遇面で考えればブラックと呼べるものではないものが多くあります。 元々、3Kと呼ばれる職業というのは誰もやりたがらない職業であるため、その分だけ待遇面が良い傾向にあります。 景気の良かった時代というのはどこも待遇面が悪くありませんから、そのような中であえて3Kの職を選ぶという人が少なく、嫌われる職業のひとつでありましたが現在ではきついにもかかわらず、待遇面が劣悪なブラック企業が増えているため、その結果相対的に3Kの職業の価値が高まっているのですl。 3Kの職業は決して楽なものではありませんが、それに対する十分な見返りをもらうことができる職業であるため一概に悪いものとは言えず、現在の待遇の非常に悪い現代においてはむしろ悪くは無い職業の一つとなっているのです。 同じ苦労をするのであれば当然待遇面が良い方が良いわけですから、わざわざきつくて待遇の悪いブラック企業に勤めるよりはきつくて汚くて危険があっても、それに対する見返りがしっかりとしていて安定した生活を送ることができる3Kの職業を選ぶという人も珍しいものではなくなってきているのです。 その結果、以前までは人気が無かったこれらの職業というのも現在ではブラック企業と比較をしてあえて、3Kの職業を選ぶという人も増えてきたことにより、競争率が上がってきて誰でも簡単にすることができる仕事でもなくなりつつあるのです。

土木業の方が健全な

皆さんは土木業においてどのようなイメージをお持ちでしょうか。差別という訳ではありませんが、あえてストレートに言うと、きつい、汚い、厳しいと  ⇒ 詳しくはこちら

Copyright© 2015 見抜くことが難しいブラック仕事 All Rights Reserved.