メイン画像

日本の企業に根付いていると

最近話題になっている「ブラック企業」ですが、自分が入ろうとしている会社がそうであるかを見抜くのは、非常に困難です。 なぜなら、ブラックといわれる会社の体質自体が、日本の大部分の会社に根付いているからです。 例えば、残業させておきながら残業代を払わないいわゆる「サービス残業」は、大手の会社でも普通に行われていますが、それに見合うだけの補償(年功序列の賃金や終身雇用など)が約束されています。 ですから、日本のサラリーマンは「長時間労働は当然」という意識を持っています。 しかし、ブラックな会社では、長時間労働をさせておきながら、業績が悪化すれば簡単にクビを切られてしまいます。 つまり、日本のサラリーマンの習性を悪用しているのです。 とはいえ、最近は大手であっても希望退職を募らざるをえなくなったりと、図らずもブラックと化している場合もあるので、ブラックな会社を糾弾するだけでは解決しません。 「長時間労働は当然」という労働慣行を見直す必要があります。

Copyright© 2015 見抜くことが難しいブラック仕事 All Rights Reserved.