メイン画像

根本的な企業体質に問題か

ブラック企業という言葉は今では珍しくありませんし、社会的にも問題のある存在となっています。 このような企業が存在する理由はいくつか考えられています。特にブラック企業には根本的に企業体質に問題を抱えている事が多いとされ、根本的な部分を改善しない限りはブラック企業がなくならないとも言われています。 問題のある企業体質の特徴ですが、よくあるのが上層部の権力が強過ぎる企業です。企業の中には独裁的に権力を行使しているようなところもあると言われていますが、上層部の権力が強いゆえに誰も改善を行う事ができないのです。根本的な企業体質がそれでは雇われのスタッフは働き難くなりますし、企業に在籍する限りは辛い命令にも我慢しなければならない現状があります。 特に同族が上層部に多く集まっている企業はブラック企業になる傾向があると言われています。代表取締役をはじめ、その下の重役も同族の場合ですとやりたい放題になってしまいますので、平社員などに負担が掛かりがちになるのです。 職務分掌がまともに存在していないのも根本的にブラック企業になってしまう要因の一つです。職務分掌とはそれぞれのスタッフが全うすべき職務などを整理、配分する事ですが、ブラック企業の場合はこういったルールが明確に存在していない事があります。また、ルールが存在していても破る事が通常になっているようなケースもあります。ルールが明確にされていない為に連携も取れず、スタッフ同士の人間関係も構築されません。それゆえに上の人間が下の人間に過酷な労働を平気で押し付けるような環境になっていたり、そして殺伐とした居心地の良くない雰囲気ができ上がってしまう事もあるのです。 このような根本的な問題は一部ですが、ブラック企業では当たり前のようにこういった環境の中で企業活動が行われています。雇われのスタッフ、特に平社員では現状を改善する事もできませんので、離職される方も必然的に多くなってしまいます。

日本の企業に根付いていると

最近話題になっている「ブラック企業」ですが、自分が入ろうとしている会社がそうであるかを見抜くのは、非常に困難です。 なぜなら、ブラックといわれる会社の体質自体が  ⇒ 詳しくはこちら

Copyright© 2015 見抜くことが難しいブラック仕事 All Rights Reserved.